おおつきの野食 かずらなし(シマサルナシ)

地域の自然史

日本にもキウイフルーツが自生しているのを知っていますか?

マタタビ科のツル性植物であるシマサルナシ(別名:かずらなし)はキウイフルーツのミニチュアような3センチほどの実をつけます。味もそっくりで甘酸っぱくてとても美味しいです。ちなみに市販されている栽培品種のキウイフルーツは、カズラナシの近縁種で中国原産の薬用植物であるシナサルナシをニュージーランドで品種改良して作られました。

カズラナシは暖地性で、海岸近くの林縁などに見られます。おおつきでは11月中下旬頃に実が熟します。鳥(ツグミやヒヨドリ)やサルにとってもごちそうなので争奪戦になります。他の樹木に絡み、高い位置に実をつけるので、収穫の際は猿なみの木登り能力が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました