地域の自然史

地域の自然史

横浪半島海藻調査

12月3・4日に行われた横浪半島周辺の海藻分布調査に参加しました。この調査は高知県沿岸における大型海藻類(主にホンダワラ類)の分布状況と種構成の長期的な変化を把握するために行っているものです。昔は秋成熟のホンダワラ類が優占していた場所を見...
地域の自然史

アリタケみっけ

昨日、妻の実家の裏山を歩いていたら面白いものに出会いました。アリに寄生する子囊菌類(きのこ)である「アリタケ」です。 「アリタケ」はいわゆる「冬虫夏草」と呼ばれるものの仲間で、バッカクキン科というグループに属しています。今回見つけた...
地域の自然史

秋の水田雑草

だいぶ秋も深まってきたので今日は近所の田んぼに水田雑草の様子を見に行きました。水の抜かれた田んぼにはホシクサ、ヒロハイヌノヒゲ、ミズネコノオ、ミズマツバ、キクモなどがまだ残っており、どれも実や種をつけていました。 田んぼの土手に孵化...
地域の自然史

四国カルスト・天狗高原に行きました。

土佐市宇佐での調査の帰りに天狗高原まで足を延ばしました。雄大な四国カルストの風景を撮影するためにいったのですが、車を走らせるのが怖くなるぐらいの濃霧で、広々とした高原風景を見渡すことはできませんでした。 そこで自然休養林の散策をして...
地域の自然史

宇佐生物調査(10月)

高知大学の方々と一緒にやっている宇佐の沿岸域生物調査の10月分調査を行いました。今日行ったポイントは浦ノ内湾の入り口にあたる砂泥が広がっている場所。砂潜性のウニの仲間であるブンブク類がいそうなところだなと思い、砂を素手で掘ってみると出るわ...
地域の自然史

いつもの田んぼで撮影

今日はいつも行く町内の田んぼで虫の撮影を行いました。マユタテアカネという赤トンボがたくさんいました。小柄で可愛らしいトンボです。朝晩は草や枝にとまり休んでいるのでじっくり観察することができます。
地域の自然史

タイワントビナナフシはゴボウのにおい

今日は上の娘と一緒に夜の昆虫観察&撮影に行きました。ナナフシの仲間であるタイワントビナナフシがいました。私のフィールドではエダナナフシやナナフシ(ナナフシモドキ)、トゲナナフシなどはよく見ますがトビナナフシの仲間は初めて見ました。 ...
地域の自然史

落ち葉から生えるキノコ(ハナオチバタケ?)

昨日の散歩で見つけたキノコがもう一つあります。キシメジ科のハナオチバタケというキノコだと思います。カサの直径は1cm程度と小さいですが、淡い紅色でなかなか美しいキノコでした。またいろんなキノコを探してみたいと思います。 ハナオチバタ...
地域の自然史

クリのイガに生えるキノコ(クリシロコナカブリ)

今日、カメラを持って田んぼの横の道を散歩していたらクリのイガがたくさん落ちていました。誰かが拾ったのか、また動物が持ち去ったのかは知りませんが、実はなくイガの部分だけ残っているものがほとんどでした。よく見るとその「イガ」から細くて白い糸の...
地域の自然史

告知 はたのおと2019でウニ標本づくり体験教室

11月3日に黒潮町で行われる研究発表会でウニ類の標本づくりの体験教室をやります。 はたのおと2019の詳細はこちら。定員20名です!