おおつきの野食 せい(カメノテ)

地域の自然史

カメノテは岩礁性海岸の潮間帯に生息する蔓脚類です。おおつきでは「せい」と呼ばれています。エビと貝の中間のような味がする大変美味しい生き物で、全国で食べられており、高知県の海辺の地域ではポピュラーな食材で、スーパーなどでも売られていることがあります。味噌汁の具にしてもいいですが、やはりそのまま海水で煮てあつあつのところを剝いて食べるのが一番です。梅雨頃のカメノテは一番味がよく止まりません。ボールにいっぱいでも食べられます。

カメノテの超大物

コメント

タイトルとURLをコピーしました