おおつきの野食 きびなご

地域の自然史

きびなごは南日本の沿岸域に多く見られるにニシン科の小型の青魚で、宿毛湾の特産物の一つです。冬の一番寒い時期に岸近くに集まる習性があり、夜の堤防でいくらでもきびなごをすくうことができます。

手間がかかりますが刺し身にするととても美しいですしおいしいです。またフライやからあげにも適しており、うろこや内臓を取る必要もないので手軽です。たくさん採れたときは一夜干しにすると長く楽しめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました